こんにちは。

三松文庫あかまつです。

熱量を持って生きていますか。
燃えるように生きていますか。

夢中になれるものを見つけて熱く生きたいと思っていても、なかなかそうはいかないのが現実ですよね。何かをやろうと思うと煩わしいことが起きて時間をとられたり、そもそも自分が何のために生きているのかわからなかったり。

それが悪いという気は毛頭ありません。人生ってそんなもんじゃないのかなぁとも思います。燃やすってしんどいですよね。燃やし続けるためには絶えず火に酸素と可燃物をくべ続けないといけないわけですし。

ただ、今回紹介したいのは、
一つの目標に向かって、文字通り命を燃やし尽くした男の話です。


あらすじ
重い腎臓病を抱え、命懸けで将棋を指す弟子のために、師匠は彼のパンツをも洗った。弟子の名前は村山聖。享年29。将棋界の最高峰A級に在籍したままの逝去だった。名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動ノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞作。

松山ケンイチ主演で映画化されたので知っている方も多いのではないでしょうか。将棋界において❝東の羽生善治❞❝西の村山聖❞と称されるほどの将棋の天才の人生を描いたノンフィクション作品です。

聖は3歳のころに重い腎臓病を患い、たったの29歳で逝去してしまいます。その短い人生を彼は何のためにどう生きてきたのか。

聖の将棋との出会いは何度目かの入院生活の途中に、父親と戯れに将棋を打ってみたところから始まります。不思議と将棋にはまることとなり、親が来るたびに将棋に関する本を要求するようになったそうです。病気によって1年の半分以上を病院で過ごす彼にとって、将棋という存在が彼を支えてくれたのではないでしょうか。

彼は中学生で故郷広島を飛び出し、プロになるための施設である奨励会のある大阪へと引っ越します。中学生が大阪に住むなんて普通の親なら絶対止めますよね。ましてや重い病気を持っている子ならなおさらです。もちろん親族一同反対しましたが、彼は親族一同の前で堂々と言い放ちます。「いかせてくれ、今しかないんじゃ。僕を大阪に行かせてください」と。最終的に彼の将棋への執念に負ける形で大阪行きは許可されます。

大阪編からは師匠と過ごすことになるのですが、この師匠も一風変わった人で人に愛される才能の持ち主。この師匠がいたからこそ聖は大阪での生活を行うことができ、プロになれたのだと思います。師匠にパンツを洗わせるほどですからね笑

師匠と弟子としての師弟愛、大阪での親代わりとしての親子愛など、この二人のエピソードは感動できるものから笑えるものまでたくさんあり、楽しく読むことが出来ました。

そこからプロになるまで、そしてプロになってからも、もちろん順風満帆とはいきません。いくら天才といっても上には上がいるのが将棋の世界。そして彼には重い持病があります。ライバルや病気との戦い、1ページ進むごとに熱量が高くなっていきます。「名人になる」その目的のために戦い続けます。それに呼応するように、死が近づいていく。読者は知っています。彼が29歳で亡くなることを。

話は変わりますが聖の不思議な人懐っこさがたまらないんですよね。愛想がいいわけではないのに、愛くるしいんです。将棋以外は本当にからっきしで、髪と爪は伸び放題、パンツは師匠が洗う始末。家は寝る場所さえあればあとは本や漫画が散乱しているんだとか。病をかかえていてもお酒や麻雀が大好きで人と飲み歩くのが好きだったとか。とても可愛いんですよねぇ。

ちなみに『3月のライオン』の二階堂も聖をモデルとしているそうです。ぷにぷにしたあの愛らしさと、病弱ながら凄まじい勝ちへの執念はたしかに聖そのものだと思いました。

僕はあと一年で彼の死んだ29歳を迎えようとしています。彼ほどの熱量を持って生きているのだろうか。何かを成すためなら死んでも構わない、その何かを成すまでには死ぬわけにはいかない。そんな気持ちで生きているんだろうか。到底たどり着けない境地ではありますが、聖の青春の熱量が僕にも少し移ってきています。

燃やすための熱量を分けてくれる本なので、熱くなりたい方はぜひ。

それでは。

(文/あかまつ/三松文庫)