こんにちは。
記録的に遅い梅雨のせいで、
引きこもりが捗って出不精化しています、たけはるです。

毎日、朝起きて仕事に行って、夜に帰ってきて、
スマホをいじって寝る…、という無限ループの生活。
外に出るとしたら飲みに行くくらい…

そんな生活になりつつある今日この頃なのですが、
今日は、そんな惰性な生活から抜け出せ!と、
ハッと気づかされる一冊です。

 

たかが「おいも」、されど「おいも」。

f:id:hontopia:20190720202716j:plain

今回ご紹介するのは、赤羽末吉 作・絵 の
『おおきな おおきな おいも』です。

インパクトのある珍獣(笑)の顔の表紙ですが、
タイトルの上には
「鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による」との一文が。

実は、幼稚園教員として現場に立ち、
多くの著書も手掛けている、
市村久子さんが原案として担当されています。

1973年に初版が発行されてから半世紀近くになりますが、
私が持っているものは「2013年10月8日 第108版」という
二度見しそうなくらいのベストセラー絵本。

黒と、さつまいもの紅色の2色でシンプルな絵と、
芋ほりという分かりやすい題材で
お話が展開されていきます。

あらすじとしては、
雨で芋ほり遠足が延期となり、行けなくなった子どもたちが、
「1週間待ったらこんなにおおきくなるかな」と
想像力を膨らませていく、という内容。

「雨」という不可抗力でネガティブなものに悲観するのではなく、
そういう状況に置かれたからこその創造力で
自分たちの「おもしろい」ものにしていって
先生たちを驚かせていくのです。

みんなで一緒にわいわいと
描いたり、アイデアを出したり、料理をしたりしている様子は
すごく楽しそう。
子どもの空想とワクワクが詰まった一冊です。

みんなで協力して「わくわく」を見つける。

f:id:hontopia:20190720202801j:plain

先日、大学3年でフットサルをしている妹の大会が
松山市内であると聞いたので見てきました。

私と妹二人の3人姉妹の我が家は、全員バレー部出身。
熱でムッとする体育館と、ボールの付く音に懐かしさを感じながら
観戦をしました。

バレーとフットサル、どちらも共通しているのは
チームプレーのスポーツだということ。
自分のプレーのことだけでなく、仲間や敵が今何をしているかを
常には把握しながら行うものです。

自分がボールに触るのはほんの一瞬だけで、
試合時間全体で見ても数秒~数十秒なのですが、
勝つためにいかに把握して動いて声をかけて
チームに貢献するかを頭の中フル回転で行います。

チームは結局、PKの末負けてしまったのですが、
彼女たちの顔には、悔しさはありつつもすごく楽しそうで
キラキラした表情がありました。

仲間とともに「勝つ」楽しさを味わう。
誰かと一緒に「わくわく」を共有する。

5つも6つも下の子ばかりでしたが、
そんな彼女たちに大事なことを再確認させられた気がしました。
普段から意識して過ごしたいものです。

 

というわけで、久しぶりにバレーがしたくなりました(笑)
松山に来て社会人バレーのチームは紹介してくださったのですが、
全国大会経験者の人ばかりでお遊びのレベルが高く、
即フェードアウトしたので…

近所の河川敷で対人パスをして下さる方、募集中です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。

〇 おおきなおおきなおいも(著/赤羽末吉)
https://www.amazon.co.jp/dp/4834003604/

 

 

(文/たけはる/某雑誌編集者)