ステキな3人が毎回「気分×テーマ」に沿った本を紹介。
ステキな3冊を3行でー

「三行文庫」

第2、第4水曜日更新。

もう今週末のお話になってしまって恐縮ですが、
11月18日に、愛媛県東温市(松山市の隣)で開催される
「滑川 BOOK CAMP」
に、ご縁あって「三松文庫」が出店させていただきます。

東温市のキャンプ場・なめがわ清流の森で開催されるこのイベント。

デイキャンプをしながら、本とおいしいものを楽しめるイベントということで、
キャンプもおいしいものも、もちろん本も全部大好きな「三松文庫」としては、
とても楽しみにしていて、決まった日からワクワクドキドキしています!

 

森の中で本を楽しむ特別企画として
「なめがわの森で読み聞かせ」
岡山の451BOOKSの根木さんが講師をしてくださる
「大人のための絵本講座」
といった催しもあるようで、お楽しみポイント満載です。

実は、その「滑川 BOOK CAMP」なんですが、参加にあたって事前に
「秋の野外で読みたい一冊」
を教えて欲しいと言われました。

今回は、これに便乗して
イベントに参加させていただく「三松文庫」三人それぞれのおすすめの
「秋の野外で読みたい一冊」
を紹介させていただければと思います。

(1)あかまつのりき(「三松文庫」店主兼「hontopia」編集長)


〇 オチビサン(著/安野モヨコ)
http://amzn.asia/d/hL1Vm0T(Amazonリンク)

(あらすじ/「Amazon内容紹介」より引用)
豆粒町を舞台に、オチビサンと仲間たちが繰り広げるあたたかい日常。春はお花見、夏は海水浴、秋はもみじ狩り、冬はお鍋・・・四季の移り変わりを、やわらかいタッチとどこか懐かしい色彩でつづった作品。

・ 天才・会田誠の描いた、青春で変態な小説。

・ アーティストが書いたからと舐めて読んだら頭をガツンと殴られる衝撃。理屈より感性で読んで凄さを体感する。

・ 青春小説を主軸にしながら、ミステリーの様な展開をもち、背徳、ヒロイズム、男色、思想についても書かれてる傑作。

(2)三田稔(「hontopia」副編集長兼ライター)


〇 カンガルー日和(著/村上春樹)
http://amzn.asia/d/02rwdxk(Amazonリンク)

(あらすじ/「BOOK」データベースより引用)
時間が作り出し、いつか時間が流し去っていく淡い哀しみと虚しさ。都会の片隅のささやかなメルヘンを、知的センチメンタリズムと繊細なまなざしで拾い上げるハルキ・ワールド。ここに収められた18のショート・ストーリーは、佐々木マキの素敵な絵と溶けあい、奇妙なやさしさで読む人を包みこむ。

・どうも気分が落ち込んだとき。そわそわするとき。少しだけ時間のあるとき。深刻なときから他愛ないときまで、ふとしたときに、適当にぱらぱらめくりたくなります。

・秋の屋外でハンモックに揺られながら、たまに居眠りしたりなんかもして、ぼちぼち読むのにぴったりかと。

・秋は実りの季節でもありつつ、紅葉など、ある種生命の区切りの季節でもあると思います。そんな季節にちょっぴりセンチメンタルに浸るのも一興ですよね。

(3)マツモトシュセイ(自称「NO Music,No Life」を地で行く男。現役大学生。「hontopia」で音楽ライターとして活躍中


〇 POPEYE(ポパイ)(雑誌、2018年12月号)
http://amzn.asia/d/1WjvdyA(Amazonリンク)

(内容紹介)
1976年創刊の男性向けファッション誌・情報誌。マガジンハウス発行で、毎月10日(日祝日の場合は8・9日)発売。

・ニッチなことが幅広く掲載されており、インタビュー記事も濃密で、自分の世界が広がる気がします。ページレイアウトもめっちゃタイプです。

・秋は「食欲の秋」とか「読書の秋」とか何かに没頭したくなる季節。POPEYEを読むと没頭したくなることに出会えます。

・2018年9月号のハンバーガー店特集は最近の号だと一番面白かったです。なぜなら、僕はハンバーガーが好きだから...じゅるり。

 

 

(編/「hontopia」編集部)