こんばんは。
三松文庫あかまつです。

秋も深まり段々と風が冷たくなってきましたね…人肌と熱燗が恋しい季節です。
人肌と熱燗と、あとは美味しい秋の味覚と本があれば言うことなしです。はい、欲張り過ぎました。

さてさて、最近の三松文庫の動きなんですが、
なんと岡山の「いちょう庵」という古民家カフェに
三松文庫プロデュースの本棚が登場しました!

 

その名も《縁側文庫》です。

f:id:hontopia:20181021192800j:plain

《縁側文庫》とは
「縁側で読みたくなる本」をテーマに
セレクトした書籍を集めた小さな本棚。

縁側のある癒しの空間いちょう庵で
地の食材を使った料理を味わいながら、
まったりと読書を楽しんでもらえます。

 

そして昨日10/20(土)には縁側文庫のオープニングイベントとして、
「縁側で読みたい本」をテーマにビブリオバトルを開催しました!

f:id:hontopia:20181021192807j:plain

「縁側とは小宇宙である」と熱弁する方、
「誰もが落ち着く平和な空間、それが縁側だと思います」と優しく語る方、
「縁側から見る四季の移ろい、つまり循環がテーマだ」としみじみ語る方、
参加者それぞれが縁側に対する想いやイメージで本を選び、
どの本も縁側で読みたくなる甲乙つけがたいプレゼンでした。

f:id:hontopia:20181021192817j:plain

今回紹介された本の一部は、「hontopia」内の、次回の「三行文庫」でも紹介するのでお楽しみに♪

三松文庫として初のイベント開催でどきどきでしたが、
参加者の皆さんが緩やかに温かく見守ってくださったので
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

場所を快く貸してくれた「いちょう庵」のお二人
イベントに参加してくれた皆さん
本当にありがとうございました。

これからも本を通して人同士が繋がる場所を作っていきますので、
三松文庫の動きに乞うご期待です!

 

(文/あかまつのりき/三松文庫店主)