こんばんは!

はじめましての方はじめまして?

hontopiaを見に来ていただきありがとうございます!
hontopia最初の更新はあかまつです。

いやー、記事一発目は緊張しますね。笑
一発目ということで、

「大好きなおもしろおかしい本を紹介するか…」

「逆におどろおどろしい本を紹介して全員の気分を下げるか…」

どうやって印象に残してもらうか考えてたんですが、
hontopia誕生にふさわしい素敵な絵本に
最近出会ったのでご紹介します*

〇ちいさなあなたへ
http://amzn.asia/d/9dpdUgB

 

ママさんが泣いた絵本ランキングでは、
必ずと言っていいほど上位に出てくる素敵な絵本です。

この絵本はお母さんが自分の子どもに語りかける形で物語が進んでいきます。

赤ちゃんが誕生し、いつの間にか成長し子どもになり、そしてさらに大きくなっていく。
時には悲しいこともあるでしょう。
人生で大事な決断をしないといけない時もあるでしょう。

様々な経験を通して成長していく子どもが、
母親にとって一体どんな存在なのか、優しい文章と優しい絵で僕らの心に届けてくれます。

あかまつ的に印象的な文章がこちら▼

“あのひ わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、その いっぽん いっぽんに キスをした”

実はこの文章は絵本の一文目なんですが、
愛おしくて小さいその存在を、一つ一つ確かめるように見て、数え、祝福のキスをする。

あぁなんて愛に溢れているんだろう!

赤ちゃんが生まれるってこういうことなのか!
と猛烈に感動しました。

自分が今まで生きてこれたのも
親が誕生を祝福してくれて、愛してくれていたからなんだと改めて気づかされました。
大人になってから読んでも、そして自分が親になった時に読んでも、きっと感じ方が違うはずです。

様々な目線で愛を感じてみてください。

ちなみに今日、僕は誕生日(笑)

26歳の誕生日はイオンのフードコートにて
一人ビールを飲みながらお祝いという、若干の寂しさも感じさせる人間ですが、元気です。笑

それでは!

hontopiaをどうぞよろしくお願いします!

 

(文/あかまつのりき/三松文庫店主)